ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

ハワイのウルフギャングステーキハウスでリーズナブルなランチステーキ

   

ウルフギャングステーキハウス ランチルースズクリスやハイステーキも良かったけれど、やはり我が家の一番のお気に入りはロイヤルハワイアンセンターにある「ウルフギャングステーキハウス」だ。

初日のランチは全くのノープランでハワイに到着してしまったのだが、散歩ついでに立ち寄ったら、受付のお姉さんに「席が空いているわよ」との言葉にそのまま吸い込まれてしまった。

 

 

ウルフギャングステーキハウス ランチ

ランチは$12.95から、ここの美味い肉を使ったハンバーガーやロコモコが食べられるが、初訪問だったら是非オススメしたいのが「TASTE OF NEWYORK」($39.95)だ。安くは無いけれど、この店の美味い物が凝縮されているからだ。

大人二人と小学生一人の我が家はTASTE OF NEWYORK 2つを注文する。

 

ウルフギャングステーキハウス ランチ

まずはパンが3種類すぐに運ばれてくる。パンも美味しいのだけれども、バターが日本の物と異なって濃厚で美味い。

さらに15分ほど待つとお目当ての12オンスサーロインステーキが運ばれてきた。

 

ウルフギャングステーキハウス ランチ

大皿で人数分のステーキが運ばれてくる。それをウエイターさんがそれぞれに取り分けてくれる。写真の左側にバターソースと肉汁が合わさった汁が見て取れるが、これをスプーンですくって取り分けたステーキ肉に掛けてくれるのがまた最高だ。

2016hawaii-wolfgangs-steak-house-8

これがミディアムレアの焼き加減。肉の外側はしっかりと焼いて旨味を閉じ込めつつも、肉の内側の赤身は程よい温かさで赤身の美味さを楽しめる。

ステーキの他に、ほうれん草のクリームスピナッチとマッシュポテトも付いてくる。(ディナーではいずれも単品注文が必要)

 

ウルフギャングの「テイスト オブ ニューヨーク」

ウルフギャングステーキハウス ランチウルフギャングステーキハウス ランチ

看板肉の熟成肉では無いけれども、十分に美味しい!正直な所、ruth’s chris steak houseでディナーで食べた肉よりもこちらのTASTE OF NEWYORKの肉の方が味わい深く好みだ。

スピナッチとマッシュポテトも、ステーキの濃厚さを際立たせる名脇役だ。このスピナッチなら、ほうれん草は嫌いなどという子供はいなくなることだろう。

 

デザートのチーズケーキは必食!

ウルフギャングステーキハウス ランチ

一通り食べ終わるとテーブルの上が一旦片付けられてデザートタイムだ。

濃厚だけど食べやすく喉ごしの良いチーズケーキにクリームを載せて味わおう。

これまた、すぐ近くのチーズケーキファクトリーより全然美味いですよ。なんなんだこの美味さのオンパレードは。

 

ハワイ訪問の度に訪れているWolfgang Stakehouseだが、まだ食べてない逸品を宿題に残してある。今回の滞在ではしっかりと予約も入れてあるので、数日後にまた来るのだ。

Wolfgang's Steakhouse by Wolfgang Zwiener Waikikiステーキ / ワイキキ)

昼総合点★★★★ 4.0

 - ステーキ・ハンバーグ, ハワイ旅行, 旅行, 食事 , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事