ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

2015年夏休み ハワイ旅行のホテルはRTCCで交換成立!

      2017/03/08

昨年頑張ったSFC修行の結果として、2014年は事前プラチナ・今年はプラチナ会員になっているのでマイルでの特典航空券を優先的に確保しやすくなっています

ということで、去年8月の段階で今年の航空券はANAのマイルでビジネスクラスを確保できたのですが、ホテルは予約していませんでした

Expediaなどで直接ホテルだけを用意しても良いのですが、せっかくエクシブ会員なのですからRTCCを使った海外ホテルとエクシブの宿泊権利の交換に挑戦してみます

 

宿泊権利交換の依頼

RTCCのWebページにアクセスすると、「RTCC交換依頼書」というpdfファイルへのリンクがあるのでそちらをダウンロードして内容を記入します

  • エクシブの会員番号:会員証記載のものをそのまま転記
  • 希望施設:施設名を指定するか、エリアで指定。ハズレのホテルもあるだろうから施設で指定したい
  • 希望日:7泊まで同一料金なのでお好きなだけ
  • 交換専有日:レッド1泊分が必須、残りはブルーでOK

と、この辺が記入に迷うかもしれないところかな

記入が終わったら宿泊希望日の6ヶ月前にRTCC事務局へFAX(!)か郵送。なんとWebでもメールでも無く、FAXか郵送のみでの受付です

宿泊施設の案内〜申込まで

FAXを送った後はRTCC事務局からの連絡をひたすら待ちます。ただし「受領しました」とか、途中報告といった連絡は私のケースでは全くありませんでした。

2週間ほど経過して「本当に大丈夫か?」と不安になった頃にクロネコメール便がRTCCから届きました

開封すると「RTCC交換宿泊プランのご案内」と書かれたA4の紙が入っており、中には交換が可能なホテルが記載されていました

 

そして今回はお盆期間にも関わらず第1希望のホテルで成立でした!

あとは記載されているみずほ銀行の口座に32,400円を入金すれば宿泊権利の交換が確定します

1泊だろうが7泊だろうが、お盆だろうが閑散期だろうが、32,400円ポッキリというのは破格の安さですね。今回のホテルは安くても1泊250ドルほどのランクですから今回の交換だけで十分RTCC年会費の元が取れてしまいました

 

なお、この書類に交換専有日についての記載があるのですが、「既に経過している交換専有日や変更・キャンセル時から30日以内の専有日権利は復活しません」と結構重要な情報が書いてありますので、交換する権利日の選択は慎重に。

 

宿泊権利の交換成立!

入金から3日ほどで再度クロネコメール便で封筒が送られてきます

2015RTCC

我が家はお昼前に到着する便なのでチェックインも同日にしたけれど、早朝便で到着する場合は前日からの予約にしておくという方法も有りですね(7泊まで値段は変わらないのだし) ただし、その場合はホテルに連絡をしておくようにという注意書きが記載されていました

 

さて、届いた書類の中で気になったのが「受注型企画旅行企画書面」という1枚

あれ? これって旅行代理店でツアーを申し込むと貰える書類だよなぁ・・・

RTCCって、てっきりホテルの予約代行かと思っていたのだけれどもツアー扱いになるのかな?? 今回は初めての利用なので、RTCCが何をしてくれる組織なのかがよく分かっていません・・・

 - エクシブ, ハワイ旅行, 旅行 , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事