PinT(≒東京電力)の電気代が大幅な値上げ

PinT(≒東京電力)の電気代が大幅な値上げ

2022年8月15日 0 投稿者: ぱる☆ミ

我が家の電気料金プランは東京電力時代の「半日お得プラン」です。昼間の料金が高い代わりに夜9時から翌朝9時までの12時間は電気代が大幅に安くなるというプランです。

コロナ禍前は朝の9時には家族全員が家から出ているので、夜9時以降に洗濯機や冷暖房、食洗機をガンガン回す生活様式にしていたのですがフルリモートになったことで日中帯もそこそこの電力消費量になっています。

ペットを飼っているのでこの猛暑でリビングの大型エアコンが24時間稼働していた6月を例に、どれだけの値上げになるのか試算してみましょう。

現在の電気料金

単価(円)kWh金額(円)
基本料金1,320
昼間第1段階(70kWhまで)29.00702,300
昼間第2段階(170kWhまで)38.631003,863
昼間第3段階(170kWh〜)44.6122610,081
夜間料金12.913834,944
燃料費調整額4.157803,237
再生可能エネルギー発電促進賦課金3.457802,691
料金合計28,167

昼間の電気代が396kWhで16,244円、夜間の電気代が383kWhで4,944円。
と、このように我が家の使い方だと夜間の電気料金が7割引近く節約できているのです。

ところが・・・今回の 値上げのお知らせ を見ると、昼間の電力料金を値下げして、夜間の料金を引き上げるとされています。

えっ、夜間は3割も値上げ?!

昼間の電気料金は 44.61円/1kWh から 43.72円/1kWh へと2%の引き下げですが
夜間の電気料金は 12.91円/1kWh から 16.81円/1kWhへと、なんと30%の値上げです。

値上げ後は具体的にいくらになるの?

単価(円)kWh値上げ後の金額旧金額(円)差額
基本料金1,3201,3200
昼間第1段階(70kWhまで)28.42701,9902,300▲310
昼間第2段階(170kWhまで)37.861003,7863,863▲77
昼間第3段階(170kWh〜)43.722269,88110,081▲200
夜間料金16.813836,4394,9441,495
燃料費調整額4.157803,2373,2370
再生可能エネルギー発電促進賦課金3.457802,6912,6910
料金合計29,34428,1671,177

6月は昼間と夜間の使用量がほぼ同じだったので前述の表で比較してみたところ、780kWhの利用で約1,200円の値上がりです。4%ちょいの値上げですね。

では、夜間割引のプランを辞めて通常の従量課金にするとどうなるかも試算してみます。

従量料金にした場合

単価(円)kWhPintでんきBの金額値上げ後の半日プランとの差額
基本料金(60A)1,716396
第1段階(120kWhまで)19.881202,386
第2段階(300kWhまで)26.481804,767
第3段階(301kWh〜)30.5748014,674
燃料費調整額4.157803,2370
再生可能エネルギー発電促進賦課金3.457802,6910
料金合計29,471▲127

んー、値上げ後は従量課金とほぼ変わらなくなってしまいますね・・・
今の半日プランは東京電力時代の過去プランなので、一度解約すると二度と契約することはできないので可能な限り解約したくないです。

結論

今時点ではほぼ横ばいということが分かったので現在のプランは値上がりしたとしても継続することにします。節電しなければだなぁ・・・