最新の新型プリウスをレンタカーで借りてみた

最新の新型プリウスをレンタカーで借りてみた

2016年2月12日 オフ 投稿者: ぱる☆ミ

 

ちょっと遠出する用事があったのでレンタカーが必要になりました。いつもならP1クラスよりも割引が効いて安くなるP2クラス(7,500円/日)を借りるところなのですが、トヨタレンタカーの予約ページに・・・

2016prius

 

こんなバナーが出ているのですよ。

1月末から先行予約が始まっていたらしく、たまたま空車もあったのでHV2クラス(11,000円)とちょっと高めですが車種指定で借りてしまいました。

割り当てられたのはSツーリングセレクションの白。走行距離も2,000kmのほぼ新車です!

2016prius-1

 

今度のプリウスはだいぶ顔つきが変わりましたねー

2016prius-2

今までのプリウスはAピラー付近が非常に見難かったのだけれども、視認性はだいぶ向上していました。

内装は、まぁ300万の車としたらこんな物でしょうか

2016prius-4 2016prius-5

シフトレバーがセンターコンソールの下側にあるのは慣れないけれども、プリウスではシフトチェンジをする機会も無いからこれで十分なのかも。

今回試してみたかったのは、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールですよ。ハンドルの右下にある専用のレバーでコントロールします。

2016prius-3

一度レバーを押し込んでレーダークルーズモードにして、前の車をレーダーに捉えた状態で下側に倒せば車速セット。後は上側に倒して追従速度上限を上げておけばアクセルもブレーキも踏むこと無く先行車に追従してくれました。

ちょっと怖かったのが料金所のETCレーン。本来はレーダークルーズを切っておくのが正しいのだろうけど、敢えてそのまま追従させたら、先行車が料金所に高速で突っ込んでいく奴だったので料金所のバー付近で急減速になりヒヤリとしました。

ちなみにレーダークルーズの最高速は115km/hまでなので、ちょっとした追い越しも対応出来ます。

 

加速についてはPWRモードなら違うのかもしれないけれども、青信号での発進や合流時の加速がどうしてもワンテンポ遅れてかつ弱い。良くも悪くもアクセルが単純なon/offチックで燃費重視で車にコントロールされている感じ。

減速するときのブレーキは回生ブレーキから通常のブレーキに切り替わるタイミングが分からないぐらいに自然に切り替わって効いていました。強めに踏む機会は無かったけれどもカーシェアで使われているようなランクの車と比べれば比較的思った通りに止まれました。

300kmほど走った感想としては、自分の車としてでは無くオモチャとしてたまに借りるのなら良いという感じ。もちろん燃費は20km/Lは軽くオーバーするし普段使いの足としてなら必要十分でしょう。

でも、やっぱりこのデザインとドアの軽さは自分の好みと違うんだよなぁ・・・(^^;