ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

フォトジェニックス(photogenics)さんから、結婚式のアルバムが到着

      2014/07/07

photogenicsさんにお願いしておいたアルバムが到着しました。
結婚式からピッタリ1ヶ月の日に到着してくれるようになっているのね^^
先に感想を一言で書いてしまうと、「二人が主演している物語が詰め込まれたアルバム」かな。
質がよくて上品、そして計算し尽くされたアングル。まさに自分たちの写真集!
始めは東京花小街とか、リーズナブルな所にお願いしようとしていたのだけれども、挙式の1ヵ月半ほど前にフォトジェニックスさんに下見に行ってきました。
事務所に全紙サイズで飾られていた1枚の写真の構図に惚れたのと、デジタルではなく手焼き写真へのこだわりや、プロとしての心意気が気に入ったのでフォトジェニックスさんに決定。
特に
・現場での雰囲気や色調を唯一知っているのは当日のカメラマンだけ。だから、自社ラボで現像からアルバム作成までを当日のカメラマン本人が行う
・良くあるxxxカットxxx円とかxxx時間xxx円ではカメラマンが枚数を気にしながら撮る事になり、作品に集中できないので撮影枚数や時間は無制限
・ゼ○シィに広告を出すと、桁違いの広告料を取られる(数百~数千万?)。それだったら、その分日本でもトップクラスの腕の良いカメラマンを雇います
とくに始めの2点は他の写真屋さんでは、なかなか見られない点かも。
(他のところでは、現像やアルバムの作成は韓国や中国に出しているところもあったので安すぎるところは注意・・・)
アルバムは予算に合わせて色々と種類があるようなので、まずは問い合わせてみるのが良いかと。
東京の江戸川橋にあるショールームは「大丈夫かな、ここ?」と思わせる小さなところ(笑)だけれども、置いてあるアルバムはどれもこれも素晴らしく良い出来なので、行ける範囲ならぜひ見学をオススメ。
うちらが選んだものは1冊15万円のアルバムだったので、目黒雅叙園で頼むのとお値段はそれほど代わりが無いぐらいになりました。
でも値段がどっこいとはいえ、会場のフェアで見てきたアルバムと内容は雲泥の差!
しかも他の方に紹介してもらったので、両親用にダイジェスト版のアルバムを付けてもらえました。
でもせっかくなので、自分達と同じアルバムを両家の両親に配ることにしました。結局アルバムを計3冊。追加分は半額なので、合計30万円でした。
式一週間前にフォトジェニックスさんに事前打ち合わせ。ありがたいことにカメラマンの中でトップの峰さんが担当になってくれました。
こちらに決めるきっかけになった、展示されている写真を撮ったのも彼だそうです。
構図などの希望もこのとき彼に伝えておいたら、ちゃんと望みどおりにしてくれていました^^
その際、代表の原田さん(女性)と峰さんからは、披露宴について色々と押さえておいたほうがいいポイントを教えてもらったり、峰さんからはドレスの写真が映えるブーケの色や大きさ、形も教えてもらっちゃいました。
こういうさりげないけど重要なアドバイスが出来るのも、こちらの強みかな。
そして当日は花嫁のメイク中から最後に部屋に帰るまで、つきっきりで写真を撮っていてくれました。
色々と構図を考えながらだと思うけれども、微妙に二人の位置などを指示してくれたので分かりやすかったです。
しかも、本人たちが気が付いていないうちに撮られているので自然な表情満載だったり、アルバムを見て「あ、なるほど!あそこで撮られたのは、こうなるのか!!」と思う仕上がりには脱帽。
何台ものカメラとレンズをこまめに変更しながら、フイルムで12本にも及ぶ撮影を最後まで一生懸命に行ってくれました。感謝感謝。
同じネガからヨドバシで焼き増しをしたけれども、やはり機械焼きと手焼きの差は歴然!
写真から伝わる風合いというか、柔らかさがぜんぜん違いました。
正直、ちょっと高いかなーと申し込んだときは思ったけれども、完成したアルバムを見て大満足!値段以上の品質と仕上がりでしたので、オススメ!

 - 結婚 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一言コメント

  1. みぃ より:

    式場付きのカメラマンってカメラ好きの
    オヤジが小遣い稼ぎのバイトで登録して
    いる所もあるからね。

  2. ぱる より:

    小遣い稼ぎ・・・・それで一生残る写真を取られても困るー^^;

  3. やま より:

    ウチにあるアルバムも送ってよろしいのでしょうか。

  4. ぱる より:

    あのアルバムは永遠に封印ですw 写真撮影していたのはバラしてあるけれど、某しもちゃ曰く構図が(以下略

  5. しも より:

    漏れのせいにするなー

  関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。