汐留 上海餐室 街中の食堂風焼きそばが癖になる

汐留 上海餐室 街中の食堂風焼きそばが癖になる

2016年3月26日 オフ 投稿者: ぱる☆ミ

今日は汐留付近でお仕事だ。汐留駅は大江戸線の開業後も一年近く通過駅となっていたことが懐かしい。

高層ビルだらけのオフィス街となった汐留に降り立ったのはお昼前の11時半。ランチは、駅を出てすぐに見つけた「上海餐室」に飛び込んだ。

上海餐室

 

店内はゆったり目、写真の左側に写っている仕切られた半個室の4人席もあるので仲間内で食べるのにも使いやすそうだ。
上海餐室

 

メニューは店舗の外にあるこれ1枚のみ。入店前の確認が必須だ。

内容は「うまにかけご飯」系、「チャーハン」系、「ラーメン」系、そして「焼きそば」系。メニューを決めて入店しようとすると店員さんに呼び止められた。着席前にレジで先に注文する(でも会計は後払い)形式のようだ。

座る席(テーブル)の指示を受けてしばらくするとコップの水が数テーブル分まとめて運ばれてくる。なかなか効率的なシステムだ。

 

入店から10分ほどで「上海焼きそば」が運ばれてきた。

上海餐室

 

見た目も美味そうだし彩りも良い。腹も減っているしまずは一口。

海老はプリプリでちょうど良い熱の通り具合。麺の程良い固さとの兼ね合いもばっちりだ。野菜もシャキシャキ感がしっかりと残っていて歯ごたえが心地よい。

食べログの口コミによると大盛りはなかなかの盛りっぷりになるようだが、普通盛りはたいしたことは無かった、腹が減っているのであれば大盛りでも良さそうだ。

初訪問で食べた上海焼きそばがなかなか美味かったので、是非別のメニューも今度は大盛りで頼んでみたい。

上海餐室広東料理 / 汐留駅新橋駅築地市場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3