ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

2014年ANAのプラチナ会員を目指して修行開始!

      2014/01/16



正月早々の1月2日ですが2015年度のANAプラチナ会員を目指して修行を始めました。

朝の4時半過ぎにはP3駐車場に到着。予約しておいたので4階に向かったところ、なんと連絡通路前が空いていました。こんなポジションが空いていたのは初めてです、こいつは幸先がいいぞw

2014/01/02の羽田P3駐車場

 

5時前には羽田空港のANA側ターミナルに到着したけれどまだカウンターが開いていませんでした。プレミアム株主優待運賃で搭乗するからオレンジ色のチェックイン機での手続きが必要なのに起動すらしていません。さすがに早すぎたか(汗)
羽田空港ANA側ターミナル朝5時の様子

 

朝一番にもかかわらずANA121の沖縄行きだけは満席でのフライトでした。こんな朝早くからみんなご苦労様ですwANA121に搭乗します
ANA121便 羽田06:05発は朝の第一便なので三が日でもそれほど一般カウンターは混雑していませんでしたが、せっかくプレミアムクラスを予約しているのでANA PREMIUM CHECK-IN(公式サイトへのリンク)を使います。入り口が少しわかりにくいのですが13番の表示を目安にしましょう

入り口はこちらの画像を参考に。

ANAプレミアムチェックインの入り口ANAプレミアムチェックインの入り口

 

プレミアムチェックインには株主優待券も処理できるオレンジ色のチェックイン機や有人のカウンターもあるので、外の一般カウンターに並んだりしなくてもANAプレミアムチェックインの中で手続きすれば大丈夫でした。https://www.ana.co.jp/dom/checkin/airport/dms/hnd/freq/

 

また、専用の保安検査レーンも用意されているので年末年始の大混雑時でもスムースに制限区域に入る事ができます

早くプラチナ会員になってここを常時使えるようになりたいなー

そんな事を考えながら58番ゲートから那覇に向けて出発、いよいよSFC修行の幕開けです!

ANA121便

 

修行で使う乗り継ぎ手続きの方法

大原則として、1回の乗り継ぎは3区間までしか登録ができません。今回のように8レグの場合は乗り継ぎに失敗が許されない要所要所を乗り継ぎにしておいた方が良いと思います

私の場合は最初の 羽田→那覇→石垣 の2区間を乗り継ぎにしておきました。その先の石垣→那覇は同一機材の折り返しなので羽田の出発時点では便の遅延を気にしなくてよいと思うからです

次に石垣→那覇→宮古の2区間を乗り継ぎにしました。搭乗するまで石垣と宮古間が同一機材だとは知らなかったのですがANA1725便に乗った際にCAさんに「この先4区間クルーも機材もご一緒させていただきます、よろしくお願いします」とご挨拶いただいた事で乗り継ぎの心配が無い事がわかりました

更に宮古→那覇→石垣の2区間を乗り継ぎにします。

そして最後に、石垣→那覇→羽田を乗り継ぎにして帰りの便までの乗り継ぎを確定させます。

乗り継ぎの手続きはいずれも制限区域から出ずに制限区域内にある「空席待ちカウンター」で行っていただけました。IMG_1959.jpg

お正月の帰省客でごった返しているので下手に制限区域から出てしまうと戻るのに時間が掛かる事が容易に想像できたためです。いずれの空港でも出口に向かわずに入り口カウンターの地上係員に搭乗券を見せて「乗り継ぎです」といえばゲートを通してくれます

 

次は

ANA SFC修行1日目 羽田から那覇〜石垣島へ

です

 - SFC修行, 旅行 , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。