ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

子連れハワイ旅行 チェックイン手続き

      2017/04/25

いよいよ生まれて初めての子連れハワイ旅行の始まり!

(子連れハワイ旅行のおススメツアーとフライトのチョイスは過去記事を参照してください)

 

201310hanedaboard

定番のこのボードも、実際に見てみると旅行気分が高まりますねw

 

自宅から成田空港までの交通手段

スーツケースは事前に手荷物宅配サービスで成田空港へ送付済みで、空港までに持ち歩く荷物はリュックサック程度という前提ですが

成田空港までの交通手段としては

  • タクシー
  • 電車
  • リムジンバス

があると思います

普段なら車で移動するところですが、今回は成田出国・羽田帰国としたから車に乗っていくわけにいきません(^^;

タクシーは、よほど荷物が多くなければお高いので出発時点では選択しないなぁ・・・

電車が一番安く移動できるけれど、ホームに到着してから出発ロビーに荷物を持って移動するまでが大変

 

というわけで、我が家はリムジンバスでの移動を選びました

リムジンバスは出発カウンターと同じフロアの入り口前で停車してくれるので、子連れで荷物が多い時にはこちらのほうが便利です

 

成田空港で荷物の受け取り

事前発送しておいたスーツケースは、出発界の端にあるABC空港宅配のカウンターで引き取りました

引き取り後、航空会社のチェックインカウンターまではポーターサービスをお願いして運んでもらいました

(といっても歩いて5分もかからないのだけどw)

 

ANAのチェックインカウンター

最近ではWebチェックインやICカードチェックインといった手段があるけれど、敢えて今回はカウンターでのチェックインにしました

チェックインカウンターといえば、何十分もの行列を並んで並んで並んで・・・ そして荷物を預けて・・・・ですが、敢えてカウンターを選んだ理由は!

 

 

 

201310ANAcounter

 

今回の家族旅行は ビジネスクラスを使ってのハワイ旅行 にしたからです!

 

 

チェックインを待つ行列どころか、カウンター自体が空いています

 

201310ANAcounter2

 

カウンターに到着してから手荷物の預け入れ完了まで10分程しかかかりませんでした。酷い時は1時間近くも待たされるチェックイン手続きがものの10分で終わってしまうのだから出発する前からの快適さが段違いです

そして、なんといっても荷物につけられるオレンジ色のプライオリティタグが非常に重要なのです

201310tag

 

このタグがついていることで、飛行機の到着時には他の荷物を待たずにプライオリティ扱いの荷物だけが先行して飛行機から搬出されて手荷物受け取り口に運ばれてきます

延々とターンテーブルの前で自分の荷物が出てくるのを待つ必要がないのだから、あの荷物を待つイライラが全く無くなることを思えば価値が大きいです

 

そして、航空券の表示も違います

201310ANA1052-2

航空券のクラス表示がYではなく「C」となっているのに加えて、ラウンジのインビテーション(招待状)も印刷されています

 

さて、気になるビジネスクラスのお値段ですが・・・・

正規普通運賃で購入すると、往復70万円以上です。とても手が出る代物ではありません(^^;

 

ところがANAハローツアーだと閑散期かつ90日以上前に予約すると、1/10とまではいかないけれど、少し贅沢するだけの追加代金でビジネスクラスに手が届きます
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
(詳しくは ↑こちらのバナーからツアー会社のページを参照してみてください)

 

 

ビジネスクラスを利用するメリット

 

一言で表すと、「旅行全体が段違いに快適」になりました!

快適になるのは飛行機の移動だけじゃないの? と思うかもしれませんが、旅行全体に及ぶと感じました

 

すでにチェックインの段階で

  • 手荷物預け入れやチェックインでの待ち時間なし(=何時間も前から空港に来ておく必要がない)

というメリットがありましたが、まだまだ沢山あります

 

そのあたりはビジネスクラスラウンジ紹介編から説明していきましょう!

 

次は

子連れハワイ旅行 成田空港のキッズパーク です

 

 

 - ハワイ旅行, 旅行, 育児 , , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事