新宿ピカデリー プラチナシートに行ってきたよ!

新宿ピカデリー プラチナシートに行ってきたよ!

2011年12月24日 オフ 投稿者: ぱる☆ミ

 

今日はクリスマスイブ。

年に一度、贅沢が許される日です。

そんなわけで、子供を預けて1年ぶりに新宿ピカデリーへ映画を見に来ました。

「映画」は好きだけれども、「映画館」はあんまり好きでは無いワタシ

映画館の何がイヤかって、

  • 入場券を購入する長蛇の列
  • ロビーからスクリーンに移動するまでの長い行列(ぎゅうぎゅうのエレベータやエスカレータ)
  • 入場後の着席で、着席済みの人の前を通ったり通られたり
  • 周りから臭ってくるマックの臭い
  • いすが堅くて尻が痛い腰が痛い
  • ドリンク置き場はあるけれど、ポップコーンを置く場所が無い
  • トイレの行列
  • エンドロール中に人の前を通って出て行く奴

まぁ数え始めたらきりが無いけれども、これなら自宅のスクリーン+プロジェクター+7.1chのホームシアターでBlu-ray鑑賞していた方が快適です

そんな悩みを解決してくれそうなのが、今回のプラチナシート・プラチナルームでした

ちなみに「プラチナルーム」は文字通り個室を貸し切れるのですが、1室3万円と流石に気軽には使えないので、今回は1席5,000円のプラチナシートの方です(^^;

駐車場~エレベータ

今回は太っ腹にも車でピカデリーに乗り込みました。

ここの駐車場は映画を観ても割引サービス一切なしなので、駐車料金だけで1,800円近く掛かってしまいましたが・・・

でも、プラチナシートを使うのであれば車で来る選択もありかな?その理由は・・・

これが駐車場から建物へ入ってすぐの案内板です、何かお気づきですか?

一般入口(左側)と、プラチナ入口(右側)で分かれているので、一般の客とはここから分離されるのです

実際の所、車を降りてプラチナフロアに辿り着くまで、駐車場のおじさん以外に人と会うことはありませんでした

先ほどの案内板の先は、このように専用の廊下になっています

突き当たりを曲がると、プラチナフロア専用のエレベーターがあります

当然、誰も乗っていません。

今日はクリスマスイブなので、明かり取りの窓から見える一般ロビーの風景はいつも以上に人で溢れています

この特別扱いは気分が高まりますね!

ちなみに他のフロアへもエレベータは止まることが出来ますが、その入り口には

このように、まるで結婚式場の「新郎新婦専用エレベータ」のように案内板が出ていて、使えないようになっていますw

プラチナエレベータで5階まで上がると、そこはプラチナロビーです

ロビー~ラウンジ

エレベータを降りると、そこには専用の受付があります

普通なら鑑賞券と引き替えるだけでもフロントで長蛇の列に並ぶ必要がありますが

ここでは予約時の番号と氏名を告げるだけ!

チケットと座席を確認して、黒服のお姉さんにラウンジまで案内して頂きました

2席ずつの上品なシートにはクッションが用意されています

座るとすぐに、先ほどの黒服のお姉さんが態々ひざまずいておしぼりを持ってお出迎えです

ウェルカムドリンクを選べるのですが、私たちは夫婦ともに飲めないのでソフトドリンクにしました

紅茶も結構上質なものでしたが、このマカロンがまた絶品!

写真右側のエルダーフラワーソーダも美味しかった!

 

シャンパンを頼んでいるカップルもいたのですが、綺麗なグラスに入って見た目からして美味しそう・・・

飲めなくても、格好だけでそちらを頼んでも良かったかも(^^;

初めてのプラチナフロア利用だったので、メンバーズカードを頂きました

裏に署名欄はあるのだけれども、ナンバリングされているわけでも無いので顧客管理はされていないのかな?

何回来たのかぐらいは管理しておいても良さそうなのに。

メンバー特典として、2回目以降にはポップコーンをサービスしてくれるそうです

ウエルカムドリンクを頂いた際に、料理やお酒も注文出来ます

クリスマスシーズンなので、こんな特別メニューもありました

ここで注文した食べ物は映画鑑賞時にシートで食べることも出来ます

ただし、流石に上映中の配膳は無理なのでご注意を

Restroom

トイレもプラチナフロア専用で用意されています

サインにはサンタ帽子が被されていましたw

更にスポットライトが当てられているので、壁面にすてきな陰が・・・

男性用は小が2つ個室が1つ。女性用の数を聞いてみたら、個室が3つだそうです

プラチナシートが20席、プラチナルームが4席なので一般のトイレの数を考えると十分な数が用意されています

実際の所、映画鑑賞の前も後も男女ともに全く並ぶこと無く用を済ませることが出来ました、すばらしい!

入場~着席

上映10分前になると、またまた黒服のお姉さんが呼びに来てくれます

プラチナシートは他人の前を横切ること無く、通路からシートにたどり着けるようになっています

オススメは上の図の「3」の左上の2席(A-5,A-6)かな

上映中にトイレに行きたくなっても、気にせずに中座することも出来ます

座席は?


カッシーナ・イクスシーが専用に劇場用のソファとして開発したそうですが、これが良い!

鑑賞していても腰が痛くならないし、オットマンに足を放り出すことも出来るので

リラックスした姿勢でのんびりと出来ました

参考までにピカデリーのWebページには、このように紹介されています

  • シート:カッシーナ・イクスシー社が初めてデザインした劇場用オリジナルソファシートです。
  • オットマン:足を伸ばしながらごゆっくりお楽しみいただけます。
  • 収納:オットマンの中に小さな手荷物を収納いただけます。
  • ひじ掛けテーブル+手元ライト:ひじ掛けにグラスなどを置ける小さなテーブルと手元ライトを設置しました。

どれを取っても、今まで映画を見ているときに不便と感じていた問題を解決してくれています

ちなみに一人でプラチナシートを予約すると、相席になることもあるそうですが・・・流石にこのシートでの相席はオススメ出来ません(^^;

シートにはクッションの他にオットマンと膝掛けが用意されています

私たちは料理も注文していたので、テーブルまで用意されていました

ちょっとしたこんな心遣いが嬉しいですね

テーブルも、ピカデリーのマークが入っていますw

着席するとすぐに料理が運ばれてきました。どこかでちゃんと見ていてくれているのかな?

映画館のサイドメニューだから期待はしていなかったのに、良い意味で期待を裏切られました!

生ハムを巻いたグリッシーニと、2種のフォカッチャを頼んだけれどどちらも美味しい!

 

そうそう。専用のメニューを注文出来る反面、一般のメニュー(ポップコーンとかチョリソとか)は注文出来ないのです

まぁ、こっちの方が美味しいから良いか^^;

 

さて、このプラチナシートは一般席のフロアの上階に用意されています

ちょっと前に身を乗り出すと、下の様子を見ることも出来ます

照明がこの後落ちたので写真はありませんが、ソファに座ると下の階は当然目に入らず

スクリーンが極上の位置に来ます(これは体感しないと分からないので、是非現地で体感を!)

他の人たちとも分離されているので、映画を見ている間に他人が視界に入ることは全くありません

シートにはウーファーも独自で設置されているので、重低音が直接体に響いてきます

プラチナシート専用のスピーカーも用意されているのでサラウンド効果も心配ご無用です

プラチナシートの感想

リラックスして、久しぶりの映画を堪能することが出来ました

映画を見に行くのは疲れることが多いのですが、プラチナフロアならリラックスして見ることが出来ます

見たい映画がプラチナフロア対応だったなら是非プラチナシートで見ることをオススメします

値段は一般席の3倍近いけれども、それに見合った快適さが得られると私は感じました

六本木ヒルズのプレミアムスクリーンも良かったけれども、あちらは専用シアターなのでスクリーンが少し小さめ

こちらの方がスクリーン自体も大型だし見やすかったです

プラチナルームなら、駐車場の事前予約と4時間分の無料優待があるそうです(プラチナシートにはありませんのでご注意)

いつかはプラチナルームで見てみたいけど、それはまた先のお話・・・

次に映画を見る機会があったら、またここにしようっと!

2013/02/17追記

プラチナシートの再訪ついでにプラチナルームの写真も撮影してきました

 

右側のプラチナルームから見たスクリーン

NCM_0577.jpg

 

 

 

左側のプラチナルームから見たスクリーン

NCM_0575.jpg

 

 

どちら側になっても、位置的にはスクリーンの両端なので観賞する場所としてはイマイチ感が拭えないですね

ルーム自体はどちらもこんな感じです

NCM_0574.jpg

 

ソファも広いし、二人でゆっくりと誰にも邪魔されずに鑑賞するには、確かに最高かもしれないですね

ここぞ!という勝負の映画鑑賞の時に使ってみると良いのかも(笑)