RAID10とRAID01の違い

2007年2月16日 6 投稿者: ぱる☆ミ

会社でシステムの構成を考えならがふと思い出した。RAID10とRAID01を比べて耐障害性が高いのはRAID10だけど、具体的にはどうだっけ?
RAID10(RAID1+0)の場合
ABC と XYZ の6台でRAIDを組むと、データはABCとXYZの組に同じものが書き込まれる。
さらに、ABCの3本でストライピング、XYZの3本ででストライピングを行う。
ここでディスク障害が発生したとすると、ABCの中で1本・XYZの中で1本の計2本が同時に壊れた場合にのみデータがロストする。
例えばABXYの4本が壊れてもデータは保全できるのだ。
さて、ここで同じ本数でRAID01(RAID0+1)を組むとしてみよう。
ABCでストライピング、XYZでストライピングを行った後、AとBとCに同じデータが書き込まれ、XYZも同様に書き込まれる。
大きな違いはディスク障害発生時。
ABCかXYZの組でいずれか1台が壊れた段階で既に片肺運転。
Aが壊れたとしたらXorYorZの1台でも壊れたらデータロスト。
というわけで、まずRAID01で組むことは無いとは思うけれども、自分で思い出す為の備忘録w