「この WordPress のデータベースはすでに最新のものです」と表示されて管理画面から締め出された!

「この WordPress のデータベースはすでに最新のものです」と表示されて管理画面から締め出された!

2015年4月25日 オフ 投稿者: ぱる☆ミ

WordPress本体のアップデートが昨日発生しました

セキュリティアップデートもある事だし、しっかりと当てておかないとね

 

更新が終わって記事を書こうと管理画面にログインすると、こんな画面が表示されます

 

この WordPress のデータベースはすでに最新のものです

 

うん、最新版にしたもんね

 

wordpress本体に加えてプラグインも6件ばかり更新が掛かったので、そちらも最新にしましょう

 

えーと、更新するには管理画面からダッシュボードに進んで・・・・ポチッ

 

 

この WordPress のデータベースはすでに最新のものです

 

 

あれ?

 

こっちのリンクからだったかな? ポチッ

 

 

この WordPress のデータベースはすでに最新のものです

 

うん

 

そりゃ最新さ、アップデートしたもん

 

でも、どこをクリックしても「この WordPress のデータベースはすでに最新のものです」としか表示されないぞ・・・orz

 

 

あ、分かった。きっとキャッシュ系のプラグインが悪さしているな

 

プラグインを外しちゃえば良いんだ!

 

それなら・・・・・ポチッ

 

この WordPress のデータベースはすでに最新のものです

 

あぁぁぁぁ!!

 

というわけで、調査してみた

私の場合は過去にインストールして存在すら忘れていたAPC Object cache backendが悪さをしていました。2012年が最終アップデートで、最終バージョンは2.0.6。ゴミとして残っていたうちのプラグインは・・・

Plugin Name: APC Object Cache
Description: APC backend for the WP Object Cache.
Version: 2.0.4

解決方法

wp-content/object-cache.php を削除!

はい、これだけであっさり復旧です

しかもこのオブジェクトキャッシュを外しても、コンテンツの表示速度は微動だにしませんでした・・・

確かにこのキャッシュプラグインを導入した3年前はサーバのスペックも低かったので効果があったのかもしれませんが、今のご時世では無意味な物になっていました(しかも入れたことすら忘れているしw)

wordpressのチューニング系の記事には今でもこのプラグインを新規に入れている人もいるようですが、流石に2年も更新が止まっているソフトは入れない方が良いですよ・・・

まぁ、当時に比べればApaheからNginxへ乗り換えたり、さらにリバースキャッシュを仕込んだりと、色々手を加えていますしAPC Object cache backendのようなキャッシュ系ソフトの恩恵は受けなくなっているようです

 

というわけで、この新規記事を書けていますので、管理画面にもログイン出来るようになったし復活出来たというお話でしたw