ミンキームーンネットワーク

JCB The classを使いこなしてSFCとXIVでの旅行を楽しむブログ。Since 1992/10/09(パソコン通信BBSの開設日)

*

三越でオーダーシャツを仕立ててみた

      2015/04/05

以前、日本橋高島屋でオーダーシャツを仕立ててみたので、今度は川向かいの三越でシャツを仕立ててみました。

白の無地のワイシャツという最も基本でオードソックスなシャツですが、その仕上がりは如何に?

 

仕上がりの結果は?

DSC02624.jpgタイト目のシルエットを期待したのですが、若干胸回りに余裕のある感じでした。しかし、大きく気になるわけでは無く十分に合格点だと思います。

 

選んだ生地は?

綿100%は当然として、LANVINの生地(通常価格15,000円)と催事の生地(10,000円)の二種類をチョイスしました。仕立てたのは秋の紳士ファッション大市でしたのでLANVINの生地は12,000円とお得な価格です。

LANVINは白無地、催事の生地は薄いサックスにしてみました。

 

そして採寸してから待つこと約一ヶ月・・・やっと仕上がってきました!

折角ですので感想というか軽くレビューしてみます

外箱

しっかりとした外箱です、催事の生地は白い無地の箱で見栄えがしなかったため写真は省略w

DSC02618.jpg

 

 

 

襟回り

DSC02624.jpgDSC02622.jpg

 

 

ボタン

LANVANはデフォルトで白蝶貝ですが、催事の生地は普通のボタンです。品質の違いは明らかですね
DSC02625.jpgDSC02621.jpg

 

 

ネームタグ

イニシャル部分は隠しました(^^;DSC02623.jpgDSC02620.jpg

 

 

シャツ全体

 

DSC02626.jpgDSC02619.jpg

 

 

総評

市販のシャツと違い、身体に吸い付くという表現がピッタリ。袖を通した途端に胸の部分がしっかりと身体のラインに合わせて収まります。

私の場合は首回りが40cmで袖丈が81cmと市販品だと首がキツイか袖が長いのいずれかになってしまうので、オーダーの良さが活かせる体型(嬉しくないけど)なのです。

高島屋と三越、どちらが良いかと言われると微妙ですが少なくとも今回仕立てた三越のシャツは十分に満足のいく仕上がりでしたのでオススメ出来ます!

 - ファッション , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。